ゴミ屋敷のパターン

遠方からの作業依頼が可能

当社の誓い

遺品整理

ゴミ屋敷でお困りの方へ-日本撤去

粗大ごみの回収なら日本撤去の「お部屋片付け隊」

72hプライムサービス

あんしんシステム

シークレットミッション

特殊清掃HOME > ゴミ屋敷のパターン

片づけらない型、捨てられない型、収集型

片付けられない型

忙しすぎる人、
ごみの捨て方がわからない。

若い人、働き盛りの人に多く、一人暮らしを始めてからごみの捨て方が分からずゴミ屋敷を作ってしまった人などが居ます。仕事はばっちり、食事は外食、洗濯はクリーニング、買い物は通販で全く問題なく生活できますが、ゴミは自分で捨てなければなりません。多忙なビジネスマンや一人暮らしの学生さんやなどどのような人もなりうる問題です。

捨てられない型

コレクションと本人は言うが、
住居の規模を超えてしまっている。

様々な趣味の道具やコレクションを蓄えて、部屋の規模を超えてしまっている状態、これは一般的にゴミ屋敷とは呼びませんが、部屋に人を入れられない、災害時に避難できない、埃や異臭の原因になっている、いつでも自由に取り出せない。このような症状は問題になります。解決方法は簡単でもっと広い部屋に引っ越せばよいのです。多くの方は収入があるのに部屋が狭い、広い部屋を借りるぐらいなら趣味にお金を使いたいといった方になります。貸倉庫などに梱包保管のお手伝いをいたします。

収集型

高齢者の方に多く他から物を
持ってきて部屋に溜めてしまう。
高齢者の方に多く、最近ひどくなったとか、昔はそうではなかった、という場合は認知症が関連しているのは無いかと感じます。また、戦後物が無く不遇の時代から何十年もかけて自身の家財を集め家を築いた方は当然捨てるのは嫌がります。昔は物を捨てると罰が当たると教育されましたから。 このほかにもうつ病が関連しているのではないかと考えられる事例も多くありますが、いまだ詳細は解明されておりません。
ページ上部へ