なぜゴミ屋敷になってしまうのか?

遠方からの作業依頼が可能

当社の誓い

遺品整理

ゴミ屋敷でお困りの方へ-日本撤去

粗大ごみの回収なら日本撤去の「お部屋片付け隊」

72hプライムサービス

あんしんシステム

シークレットミッション

特殊清掃HOME > なぜゴミ屋敷になってしまうのか?

元来人間には物品を保持していたい強い欲求がございます。

気がつくとご自身の手ではどうにも片付けられないような
状況に陥る方は非常に多いです。

ぬいぐるみや人形に代表されるように物自体に強い思い入れを持たれる方もいらっしゃいますし、それがあるから日々の生活を安心して過ごせるような無意識的な依存をされている方(必要以上に買い置きをされている・様々な防災グッズがあふれている等)もいらっしゃいます。物が整理できているうちはいいのですが、明らかに置き場がなくなり気がつくとご自身の手ではどうにも片付けられないような状況に陥る方は非常に多いです。

このような状況に陥ってしまう
ということは決して珍しくないのです。
行政の回収日に出すゴミ分別の明確明瞭なルールが分かりづらく困っているうちにたまってしまう、現実的にゴミを集積所に出す時間帯に家にいないのでどうにもできずどんどん捨てられない物が増えていってしまう、心の病で外に出られないなど、一人一人の生活様式の違いや事情に行政が対応しきれていない現実もございます。 そしてその状況に慣れてしまうとどこかのタイミングで「いつか片付ける時までこのままでも大丈夫」と思うようになり、人によってはそこから加速度的に物が増え続けるようになってしまうのです。弊社スタッフは自分の身長を越える高さまでたまってしまったゴミの部屋を幾度となく見てまいりました、そのような状況は決して珍しくないのです。
ページ上部へ