取材の拒否

遠方からの作業依頼が可能

当社の誓い

遺品整理

ゴミ屋敷でお困りの方へ-日本撤去

粗大ごみの回収なら日本撤去の「お部屋片付け隊」

72hプライムサービス

あんしんシステム

シークレットミッション

特殊清掃HOME > 取材の拒否

特殊清掃現場を取材したいですか?

特殊清掃現場

最近では孤独死された方のお部屋を興味本位で取材したいとの依頼が大変多く、弊社にも連日申込みの連絡が舞い込んでまいります。
特に注目されているこの業種ですが、きちんとご遺族の方から許可を得ているのか分からない状況でテレビやマスコミに紹介されているのを目にする事が多くなりました。

モラルのない個人業者も多く、守秘義務さえ守れない同業者の目に余る行為に私どもは胸を痛めております。

自殺・孤独死・病死・事件現場。色々なケースがありますが、そもそもこのような現場は悪臭だけでなく肉片や体液、場合によっては感染症をも危惧しなければならない危険な状況でもあります。そういった中でノウハウのない取材スタッフを入れてしまう事自体が不思議でなりません。

また、不必要に騒ぎ立てることによって近隣に迷惑をかけてしまったり、場合によっては物件の資産価値を下げる事にも繋がってまいります。

弊社では故人様とご遺族様の立場を守ります。作業スタッフも一人一人がプライドを持ち消毒・家財の搬出・住居補修など、不必要に騒ぎ立てる事もなく粛々と業務を遂行しております。

弊社は自治体からの依頼、場合によっては弁護士様や管財人様が間に入ることもあります。故人様・ご遺族様の尊厳を第一に、守秘義務を厳守している弊社の方針といたしましては、マスコミによる現場取材は全てお断りさせていいただきます。

ページ上部へ